石へのこだわり

採掘から施工まで、
石を敬うことこそが、すべての始まり。

本当に良い墓石をつくるために、何が必要であるか?
四百余年の歳月の中で、石長は常にこうした自問を繰り返し続けてきました。
そして辿り着いたひとつの答え。
「石への畏敬の念」こそが、石工の真髄であるということ。
このことを念頭に置き、日々真摯に石と向き合っています。

採掘
石長では、自ら高い基準を設け、国内外の多くの石をその都度厳しく吟味。希少性の高い庵治石も取り扱っています。

詳しくはこちら

加工と施工
「妥協の無い、心から納得できる仕事」それを実現するために自ら高い技術基準を設けています。

詳しくはこちら